www.mmsnigeria.com

免責不許可事由とは破産手続きを申し立てた人へこれらの項目に該当するときは帳消しは認めないといった基準を言及したものです。ですので、極端に言ってしまうと返すのが全く行えない方でもその事由に含まれる場合帳消しが受理してもらえないような可能性があるというわけです。ですから自己破産を申し立て負債の免責を必要とする際の最も重要なステージが前述の「免責不許可事由」ということになるのです。下記は重要な不許可事由となります。※浪費やギャンブルなどで資本を減じたり、借り入れを行った場合。※破産財団となるはずの動産や不動産を明らかにしなかったり、毀損したり債権を有する者に不利益に手放したとき。※破産財団の債務を虚偽のもとに水増ししたとき。※破産手続きの原因があるのに、そうした債権を有する者に特定の利益をもたらす目的で資本を譲り渡したり弁済期前倒しで借り入れを返済したとき。※ある時点で返せない状態にあるのに現状を偽って貸方を信用させてくわえて借金を借り入れたり、カードを通してモノを購入した場合。※偽りの貸し手の名簿を法廷に出したとき。※返済の免責の手続きから前7年以内に借金の免除を受理されていた場合。※破産法が要求する破産手続きした者に義務付けられた点に違反する場合。上記ポイントにあてはまらないことが免除の条件なのですがこれだけで詳しい例を想定するのは、わりと知識と経験がない場合ハードルが高いでしょう。頭が痛いことに浪費やギャンブル「など」と記載していることから分かるとおり、ギャンブルとはいえあくまでも例としての一つでしかなくほかに書かれていない場合がたくさんあるというわけです。具体的に言及されていない状況の場合は、それぞれの事例を述べていくときりがなく実際例として述べきれないものがあるときや過去に残っている裁判によるものが考えられるので例えばある場合においてこの事由に該当するかは法的な知識がない方には通常には判断できないことの方が多いです。いっぽうで、自分が事由に該当するものなどと思いもしなかった場合でも免責不許可の旨の判定が一回宣告されてしまえば、裁定が変更されることはなく、負債が消えないばかりか破産者であるゆえのデメリットを7年間背負い続けることになるのです。ですので、免責不許可という悪夢を避けるために、破産手続きを選択するときにちょっとでも判断ができない点や分からない点がある場合は弁護士事務所に相談を依頼してみてもらいたいです。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.mmsnigeria.com All Rights Reserved.