www.mmsnigeria.com

新聞の宣伝広告、スポーツ新聞、街中に見られる広告やDMなどで「負債の合理化やります」「借金を一本化したくありませんか」と書かれた惹句を見ることがあります。そういったものは、「整理業者」「買取人」「紹介者」という名称の悪徳企業の詐欺広告のケースが存在します。使った場合には破産申立手続きの中で最優先の免責承認を受け取れないリスクがありえます。「整頓屋」の場合借金のある人をおびきよせ、法外なサービス料をもらって借金整理をしますけれど、現実には整頓は実行されずに、負債者は一層の債務スパイラルにはまってしまうときがすべてと思われます。「買取屋」の場合カードでデジタル用品、コンサートのチケットをいっぱい仕入れさせ、当人から購入した品物を売値の30%もしくは半値で引き取るというやり方を使っています。借金者はそのときは金銭が懐に入りますが必ずカード会社経由で購入物の販売額の返済請求がくることになり、結局のところ債務額を悪化させることになってしまいます。クレジットカード会社に対する詐欺に当たるということになり免責が手に入れられません。「紹介人」の場合は、名の知れた金融業者から借りられなくなった債務人に対して業者として融通は一切せずに、提供をする異なる貸し手を知らせて、法外な依頼料を要求する企業です。紹介者は高度なつなぎで融資可能になったという口調で会話しますが本当は何もしないで、審査のゆるめの企業を分かっているだけなのです。負債を増加させる結果となります。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.mmsnigeria.com All Rights Reserved.